サカ速+

サッカーまとめブログです。2ちゃんねる(2ch) のサッカー関連のニュースやネタを取り扱っています。

    1 : pathos ★@\(^o^)/[] 2016/06/27(月) 05:56:34.23 ID:CAP_USER9.net
    Hungary 0 - 4 Belgium


    http://jp.uefa.com/uefaeuro/season=2016/matches/round=2000448/match=2018001/index.html
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/euro/euro-10919050.html
    http://www.hochi.co.jp/soccer/data/world/euro/20160626-m1596939.html?from=pcGame
    http://www.livescore.com/euro/match/?match=1-1695461
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2604-2604-lv


    6027017

    【【EURO】 ベルギー、ハンガリーに4-0と快勝! 主将アザール無双止まらないww】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 17:40:35.91 ID:CAP_USER*.net
    プレミアリーグにも負けない多国籍軍団

    今季のセリエAで印象に残る選手といえば、ナポリでゴールを量産しているFWゴンサロ・イグアイン、ユヴェントスの
    ニューヒーローとなったFWパウロ・ディバラ、1-0の立役者となっているインテルDFジョアン・ミランダと
    ジェイソン・ムリージョ、ミランで孤軍奮闘するFWカルロス・バッカといったところだろうか。しかし彼らは、
    イタリア人選手ではない。ナポリのロレンツォ・インシーニェ、リーグ最少失点を誇るユヴェントスの
    ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルザッリなどイタリア人選手も奮闘しているが、
    やはり今の主役は外国人選手だ。

    伊『Gazzetta dello Sport』はセリエAがすっかり多国籍軍団になってしまったと伝えており、何と今やセリエAは
    イングランド、ベルギーに次いで3番目に外国籍の選手が多いリーグになっている。2006ワールドカップを制した
    当時のイタリアは自国の選手で埋め尽くされていたが、いまやセリエAで活躍する選手は半数以上が外国人だ。

    同メディアの集計では、プレミアリーグは外国籍の選手が66・4%を占めており、ベルギーは59・1%、セリエAは57・9%だ。
    人数にすると302人にものぼり、そのうち66人がアルゼンチンとブラジルの選手で構成されている。
    アルゼンチン代表のイグアインとディバラが活躍しているのも自然な流れと言えるだろう。

    外国人選手が多いイングランドも近年は代表チームが苦労しており、イングランドとイタリアは2010、
    2014ワールドカップとまともな成績を残せていない。ベルギーは例外ともいえる存在だが、
    セリエAはこのまま外国人選手に埋め尽くされたままでいいのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00010024-theworld-socc

    serieA

    【【サッカー】昔はイタリア人だらけだったのに……セリエAが多国籍リーグと化していた】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 18:25:13.59 ID:CAP_USER*.net
    ドルトムントは13日にブンデスリーガ第21節でハノーファーをホームに迎える。この試合に先駆けて
    ドルトムント公式サイトで予想スタメンを発表している。

     MF香川真司は16年に入って公式戦4試合で2試合の出場にとどまり、前節のヘルタ・ベルリン戦では
    今季リーグ戦初のベンチ外となっていた。クラブ公式サイトによると、今節もベンチスタートと予想されている。

     一方で最下位に沈むハノーファーは、右足第5中足骨の骨折により長期離脱していたMF清武弘嗣がベンチに入ると
    予想されている。ただ、清武は練習参加を見送ったとも報じられており、ベンチ外となる可能性もある。
    また、DF酒井宏樹は先発で、MF山口蛍はベンチスタートの予想となっている。

     ハノーファー戦に向けてトーマス・トゥヘル監督は、「ある相手に対する準備のしかたは、
    そのチームのリーグでの順位とほとんど関係ない。極めて慎重に戦わなければならない」と油断してはいけないと強調。
    また、この試合で今季ホームゲーム10試合目となり、9勝目となればクラブ記録となるが、
    「記録のことは気にせず、この好調を維持していきたい」と、トゥヘル監督は慎重な姿勢を崩さなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-01618314-gekisaka-socc

    Dortmund-18
    http://blueazure.jp/sacchi/wp-content/uploads/2015/10/Dortmund-18.jpg

    【【サッカー】ドルト公式HPがハノーファー戦先発予想…香川ベンチ、清武もベンチ入りか】の続きを読む

    このページのトップヘ