サカ速+

サッカーまとめブログです。2ちゃんねる(2ch) のサッカー関連のニュースやネタを取り扱っています。

    2016年02月

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 17:40:35.91 ID:CAP_USER*.net
    プレミアリーグにも負けない多国籍軍団

    今季のセリエAで印象に残る選手といえば、ナポリでゴールを量産しているFWゴンサロ・イグアイン、ユヴェントスの
    ニューヒーローとなったFWパウロ・ディバラ、1-0の立役者となっているインテルDFジョアン・ミランダと
    ジェイソン・ムリージョ、ミランで孤軍奮闘するFWカルロス・バッカといったところだろうか。しかし彼らは、
    イタリア人選手ではない。ナポリのロレンツォ・インシーニェ、リーグ最少失点を誇るユヴェントスの
    ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルザッリなどイタリア人選手も奮闘しているが、
    やはり今の主役は外国人選手だ。

    伊『Gazzetta dello Sport』はセリエAがすっかり多国籍軍団になってしまったと伝えており、何と今やセリエAは
    イングランド、ベルギーに次いで3番目に外国籍の選手が多いリーグになっている。2006ワールドカップを制した
    当時のイタリアは自国の選手で埋め尽くされていたが、いまやセリエAで活躍する選手は半数以上が外国人だ。

    同メディアの集計では、プレミアリーグは外国籍の選手が66・4%を占めており、ベルギーは59・1%、セリエAは57・9%だ。
    人数にすると302人にものぼり、そのうち66人がアルゼンチンとブラジルの選手で構成されている。
    アルゼンチン代表のイグアインとディバラが活躍しているのも自然な流れと言えるだろう。

    外国人選手が多いイングランドも近年は代表チームが苦労しており、イングランドとイタリアは2010、
    2014ワールドカップとまともな成績を残せていない。ベルギーは例外ともいえる存在だが、
    セリエAはこのまま外国人選手に埋め尽くされたままでいいのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00010024-theworld-socc

    serieA

    【【サッカー】昔はイタリア人だらけだったのに……セリエAが多国籍リーグと化していた】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 18:25:13.59 ID:CAP_USER*.net
    ドルトムントは13日にブンデスリーガ第21節でハノーファーをホームに迎える。この試合に先駆けて
    ドルトムント公式サイトで予想スタメンを発表している。

     MF香川真司は16年に入って公式戦4試合で2試合の出場にとどまり、前節のヘルタ・ベルリン戦では
    今季リーグ戦初のベンチ外となっていた。クラブ公式サイトによると、今節もベンチスタートと予想されている。

     一方で最下位に沈むハノーファーは、右足第5中足骨の骨折により長期離脱していたMF清武弘嗣がベンチに入ると
    予想されている。ただ、清武は練習参加を見送ったとも報じられており、ベンチ外となる可能性もある。
    また、DF酒井宏樹は先発で、MF山口蛍はベンチスタートの予想となっている。

     ハノーファー戦に向けてトーマス・トゥヘル監督は、「ある相手に対する準備のしかたは、
    そのチームのリーグでの順位とほとんど関係ない。極めて慎重に戦わなければならない」と油断してはいけないと強調。
    また、この試合で今季ホームゲーム10試合目となり、9勝目となればクラブ記録となるが、
    「記録のことは気にせず、この好調を維持していきたい」と、トゥヘル監督は慎重な姿勢を崩さなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-01618314-gekisaka-socc

    Dortmund-18
    http://blueazure.jp/sacchi/wp-content/uploads/2015/10/Dortmund-18.jpg

    【【サッカー】ドルト公式HPがハノーファー戦先発予想…香川ベンチ、清武もベンチ入りか】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 01:40:22.44 ID:CAP_USER*.net
    サッカーのオランダリーグでプレーする日本人選手が今後、急増するかもしれない。
    100年以上前、両国が交わした「日蘭通商航海条約」が現在も有効だったことが判明。
    「日本人がオランダで自由に就労し、事業をする特権を認める」との判断が、あらためてオランダで下され、
    これまで移籍のハードルとなってきた「最低年俸規定」の適用外となった。 (英国在住サッカージャーナリスト・原田公樹)

     条約は1912年に締結。元号が明治から大正に変わる前の7月6日にハーグで署名された。
    第2次世界大戦などの混乱もあり、長年にわたって忘れられていたが、2012年に意外な形で現代に知られることになった。
     発端はロッテルダムにある日本の文化センター「松風館」が、茶室と日本庭園を建設するため、日本から呼んだ大工を雇ったこと。
    ところがオランダ労働局は違法就労と見なし、6万ユーロ(当時約630万円)の罰金を科した。
    ここで提訴した松風館の弁護士が裁判で持ち出したのが、この条約だった。

     松風館が勝訴し、これを判例としてオランダ社会・雇用省は昨年3月、正式に「日本人は労働許可証を取得する
    必要がない」と発表した。オランダサッカー協会も続き、日本人選手は自由にオランダリーグでプレーできるとした。
    ことし1月、FC東京からフィテッセに加入した太田宏介の移籍は、“古くも新しい条約”を根拠に実現した最初のケースだ。

     これまで欧州連合(EU)加盟国外でプレーする日本人選手がオランダのクラブに移籍する際、
    いつも問題になったのが最低年俸規定。自国オランダ人選手の雇用を守るためのルールで同国リーグ平均年俸の
    1・5倍以上で契約することを定めている。シーズンや為替レートによって変動はあるが、最低年俸は
    およそ40万~45万ユーロ(約5000万~6500万円)。この金額に見合う価値のある選手でなければ門前払いを食らう。

     フェイエノールトの小野伸二(現札幌)、ヘラクレスの平山相太(現FC東京)。
    フェンロの本田圭佑(現ACミラン)らこれまでオランダでプレーできた日本人選手は十数人と少ない。
    最低年俸を支払えないクラブに代わり、選手の個人スポンサーが年俸を捻出したケースもあった。
    それが1世紀以上前の条約によって、一気に問題が解消されたのだ。

     欧州におけるオランダリーグの位置づけは、イングランドやドイツ、スペインといった主要リーグへの登竜門だ。
    03~04年にユトレヒトでプレーし、現在はフェンロのトップチームでアシスタントコーチを務める元日本代表MFの
    藤田俊哉は言う。「オランダはステップアップするためのリーグ。日本のサッカーと共通する部分も多い。
    英語も通じるし、日本人にとってなじみやすい。どんどんチャレンジしてほしい」

     日本が鎖国していた江戸時代、オランダは数少ない海外との「窓口」の一つだった。いま再びオランダは、
    日本サッカーにとって欧州への特別な「扉」になるかもしれない。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/timeline/list/CK2016021102000194.html?ref=rank

    svg

    【【ビッグニュース】オランダの扉 100年の時を超え 欧州への挑戦】の続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 06:15:26.39 ID:CAP_USER*.net
    2016年2月13日6時0分スポーツ報知

     U―23(23歳以下)日本代表のF東京DF室屋成(21)が、左足首付近を骨折していることが12日、分かった。同日夜に緊急帰京した。全治は未定だが、3月下旬に予定されている同代表の海外遠征には参加できない見込み。
    今後の復帰時期にもよるが、8月のリオデジャネイロ五輪にも影響が出てくることは必至。主力の右サイドバック(SB)の負傷で、手倉森ジャパンに暗雲が垂れこめた。

     左膝から足首に厚く巻かれた包帯が、負傷の大きさを表していた。大事を取り、車いすに乗って宮崎空港に現れた室屋は無言のまま、羽田空港行きの飛行機へと乗り込んだ。

     F東京の宮崎・都城キャンプ初日となった11日、練習中の接触で左足首をひねるように痛めた。その場で動けなくなるほどではなかったが、練習後に宮崎県内の病院で検査を受けたところ、骨折していることが判明した。
    城福浩監督(54)は「まだ詳細に検査していないので細かい箇所や全治はこれから」と話しており、13日に都内の病院で精密検査を受けるもようだ。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20160212-OHT1T50220.html

    seimuroya-500x314
    http://soccerking.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2015/05/seimuroya-500x314.jpg

    【【悲報】室屋、左足首付近を骨折!リオ五輪に暗雲 (スポーツ報知)】の続きを読む

    当ブログについて

    「ブログ名」 : サカ速+
    「URL」 : http://sakasoku.2chblog.jp/
    「RSS」 : http://sakasoku.2chblog.jp/index.rdf

    当ブログの記事はすべてリンクフリーです。

    ご意見・ご不満・相互RSS依頼・広告依頼等がありましたらメッセージにてご連絡よろしくお願いいたします。

    当ブログに掲載している動画、画像、引用文の著作権は各権利所有者に帰属します。
    権利や名誉を侵害する目的は一切御座いません。
    掲載について問題がございましたらお手数ですが御連絡下さい。
    確認後、速やかに削除や修正等の対応を行っていきます。

    このページのトップヘ