サカ速+

サッカーまとめブログです。2ちゃんねる(2ch) のサッカー関連のニュースやネタを取り扱っています。

    カテゴリ: 海外サッカー

    1 :Egg ★@\(^o^)/ :2016/07/01(金) 13:05:16.55
     
    イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがドイツ代表のゴールマウスを守るマヌエル・ノイアーを称賛している。

    2日にEUROラウンド8の舞台で激突することになるイタリアとドイツ。スペインを封じたカテナチオを持つイタリアとここまでEURO4試合で無失点のドイツというのは堅守対決でもある。そのカギを握るのがキーパーだ。ブッフォンとノイアーはそれぞれ今大会で素晴らしいパフォーマンスを続けているが、ブッフォンはノイアーが自分より上だと考えているようだ。伊『Gazzetta dello Sport』がコメントを伝えた。

    「間違いなく彼は私より上だ。マヌエルは若いのに素晴らしい。しかしそういった比較には興味ないんだ。私はユヴェントスとイタリア代表の背番号1番を着けれれば、誰よりも幸せなんだからね」

    また、ノイアーも以前に「イタリアはブッフォンがまだプレイしていることに感謝したほうがいい」と称賛の言葉を贈っており、両者は高く評価しあっている。試合がどのような結果になったとしても、どちらも優れたGKであることに間違いはない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00010005-theworld-socc

    22610b64

    【【生ける伝説】ドイツ戦を前にGKブッフォンがノイアーを称賛!「間違いなく私より上」】の続きを読む

    1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2016/06/30(木) 17:20:03.44
     
    ラン(イタリア)は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ新体制でも、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長のお気に入りである4-3-1-2のシステムを採用するかもしれない。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間29日に伝えている。

     モンテッラ監督はボールポゼッションをベースとするサッカーを志向しており、そのためには中盤にクオリティの高い選手を必要とする。『calciomercato.com』によれば、そこでトップターゲットとされているのが、2015-16シーズンにエンポリで活躍したレアンドロ・パレデスだ。保有権を持つローマはこの夏、同選手を売る可能性がある。だが、パレデスにはサンプドリア(以上イタリア)も関心を寄せている。トップ下の候補となるのは、パレルモMFフランコ・バスケスとのこと。

     ただし、モンテッラ監督はこれまで4-3-1-2のシステムを採用してチームを創った経験はない。

     最終ラインでは、アレッシオ・ロマニョーリとクリスティアン・サパタがCBを務めることが予想される。アレックス、フィリップ・メクセスには契約延長のオファーが届いていないため、モンテッラ監督はバックアッパーとなるDFの獲得が必要になりとうだ。

     指揮官の獲得希望リストのトップにいるのは、フィオレンティーナのDFネナド・トモヴィッチだ。同選手とモンテッラ監督は代理人が同じアレッサンドロ・ルッチ氏であり、獲得の助けとなるかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000014-ism-socc

    2253111_w2
     
    【【ミラン迷走】、モンテッラ新監督も会長お気に入りの4-3-1-2採用か】の続きを読む

    1 :Egg ★@\(^o^)/ :2016/06/30(木) 15:03:11.73
     
    ◆限られた戦力で魅力的なスタイルを実現する男

    現在世界で最も優れた指揮官は誰なのか。近年ではジョゼップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、カルロ・アンチェロッティ、ディエゴ・シメオネといったあたりだろうか。しかし、伊『Calciomercato』はこの4人でもイタリア代表を率いるアントニオ・コンテには敵わないと断言している。

    同メディアがコンテを世界最高の指揮官と考える理由は、その選手層にある。コンテはイタリアを率いてスペイン代表を2-0で破ったが、選手層の豪華さではスペインやイングランド、ベルギー、ドイツ、フランスらの方が上だろう。

    今回のEURO2016に臨むイタリア代表は史上最弱との見方さえあった。しかしコンテは常に適切な11人をピッチに送り出し、確かな結果を残している。特にスペイン戦では決して守り切るわけではなく、巧みなパスワークで試合を支配していた。

    グアルディオラ、アンチェロッティの2人も名将だが、同メディアは彼らが率いたチームはスター選手が所属するチームばかりだと主張しており、弱者の立場で結果を残していないことがコンテとの明確な差だと伝えている。

    モウリーニョもポルトでチャンピオンズリーグ優勝を果たすなど印象的な結果を残しているが、同メディアはコンテに比べてモウリーニョのサッカーは魅力的ではないと指摘。スペイン相手にゲームを支配したコンテの方が実力は上と捉えている。

    最後に残ったのはシメオネだが、シメオネのサッカーは少しコンテと似ている部分がある。選手たちは献身的に走り、激しくファイトする。このあたりはコンテの求めていることと同じだ。

    しかし同メディアは、コンテの作るチームはシメオネのチームほど守備的ではないと主張しており、徹底的に守備を固めるシメオネよりコンテの方が魅力的との意見だ。

    限られた戦力で結果を出し、なおかつ見る者を魅了する面白いスタイルで戦う。この両方を実現しているコンテはまさに現在世界最高の指揮官なのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00010005-theworld-socc
    football01-625x352
     
    【<現在世界で最も優れた指揮官は誰?>グアルディオラ、モウリーニョ、シメオネ、アンチェロッティなど忘れろ!】の続きを読む


    1 :Egg ★@\(^o^)/ :2016/06/28(火) 06:45:42.61
    トルコの名門フェネルバフチェが、オランダ1部のADOデン・ハーグに在籍する
    日本代表FWハーフナー・マイク獲得に興味を示しているようだ。トルコメディア『ファナティック』が報じた。

    2015/16シーズンを2位で終えたフェネルバフチェは来季に向けて覇権奪回を狙いたいところだが、
    ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の影響で補強予算が限られておりカネにモノを言わせて選手を獲得することができない状況にある。

    そこでフロントは元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシを売却して新たな選手を獲得するための資金を捻出しようと考えている。
    そしてハーフナーはチームを去ると見られるエースの後釜候補に挙げられた。

    同メディアによれば、フェネルバフチェ側は限られた資金をやりくりしてADOとの交渉をまとめ、
    移籍金200万ユーロ(約2億5000万円)ほどでハーフナーを獲得する意向だという。

    すでにフェルナンドンというブラジル人ストライカーが在籍しているものの、
    オランダ1部で1シーズン16得点を挙げた実力は高く評価されている。

    ADOはかつて浦和レッズを率いたゼリコ・ペトロビッチ監督の就任を発表したばかりで、
    絶対的エースのハーフナーはもちろん来季も攻撃の核として期待されている。

    それでもトルコ移籍は実現するのか。
    フェネルバフチェはトルコ屈指の強豪クラブなだけに、今後の動向が注目される。

    フットボールチャンネル
    http://www.footballchannel.jp/2016/06/27/post160700/

    写真
    http://fotocdncube.fanatik.com.tr/images/16x9/2016/06/27/5035172.jpg?w=658&h=370
    http://www.footballchannel.jp/wordpress/assets/2016/06/201606_havenaar_getty-560x373.jpg


    トルコメディア『ファナティック』
    http://www.fanatik.com.tr/2016/06/27/fenerbahce-de-hedef-mike-havenaar-1240278
    201606_havenaar_getty-560x373

    【<トルコの名門>フェネルバフチェが日本代表FWハーフナー・マイク獲得に興味!ファン・ペルシの後釜候補】の続きを読む


    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/28(火) 06:58:39.19 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントの日本代表MF香川真司(27)が27日、宮崎県内で新シーズンに向けた自主トレを開始し、 
    代表引退を表明したアルゼンチン代表FWメッシのPK失敗に言及した。 

    自身も15年1月のアジア杯準々決勝・UAE戦で、 
    PK戦の6人目のキッカーとしてシュートを左ポストに当て失敗し、チームを敗退させた経験を持つ。 

    「あれだけすごい選手でも、PKを外したことには勇気をもらえる。 
    世界最高の選手が挫折を味わって、もっと強くなる。僕も(重圧に)打ち勝っていきたい」と教訓とすることを誓った。 

    またメッシの代表引退については「僕が言えることはないが、試合直後で感情的になっていたのでは」と推察。 
    一方で自身は「(代表の)監督が戦力として考えてくれる限りやりたい。 

    先頭に立ってやっていきたい」と将来の代表引退も考えていないことを明言していた。 

    2016年6月28日6時0分 スポーツ報知 
    http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20160627-OHT1T50249.html 

    写真 
    http://www.hochi.co.jp/photo/20160628/20160628-OHT1I50001-L.jpg 

    20160628-OHT1I50001-L

    【<香川真司>、PK失敗メッシから「勇気もらえる」】の続きを読む

    このページのトップヘ